株式投資のイ・ロ・ハ>証券会社の口座開設ガイド>未成年向け証券会社

未成年向け証券会社


 ライブドアあたりからでしょうか、投資に興味を持つ中高生・大学生が増えてきました。しかし、未成年の方でも口座開設することのできる証券会社の数はそれほど多くはなく数は限られています。


ネット上で調べてみましたが、未成年でも口座開設可能な証券会社は、
SBI証券、マネックス証券、岩井証券、松井証券の4つの証券会社で口座開設が可能でした(^^)/


どのような手続きを取ればいいのか?
そこが気になる点ですよね、
未成年が口座開設するにあたって追加で必要になるのは、主に次の2点です。

@親権者の同意書
A親権者と本人の関係がわかる書類(住民票、もしくは母子手帳)


これ以外はとくに通常の成年が口座開設を行うに当たって必要な手続きと同じ内容となっています。それほど難しくはないですよね(^o^)


個別に見ていきましょう♪

SBI証券の場合
 まず20歳未満であることが条件です。
そして申込の際に@親権者の同意書(親権者のご署名・ご捺印付き)とA親権者と本人の関係がわかる書類(住民票等)が必要になります。
さらにSBI証券の場合、親権者の一方がSBI証券に口座開設していることが条件になるのですが、どちらも口座開設していない場合は同時口座開設という方法で対応可能です。
詳細ページ
⇒申込ページ


マネックス証券の場合おススメ!!
 まず20歳未満であることが条件です。
そして申込の際に@親権者の同意書(親権者のご署名・ご捺印付き)とA親権者と本人の関係がわかる書類(住民票等)が必要になります。
マネックス証券が一番手続きが簡単です(^^)b
詳細ページ
⇒申込ページ


岩井証券の場合
 まず20歳未満であることが条件です。
そして申込の際に@未成年者口座の開設及び取引に関する同意書(プランA・プランB)の二つのプランのうち一方の同意書。A親権者等の同意書、B親権者の印鑑証明書、C親権者と本人の関係がわかる書類(住民票等)の4つの書類提出が必要になります。

※@のプランAとプランBの違いは、本人が0歳以上(プランA)か15歳以上(プランB)かの違いによって使いわけられます。岩井証券が一番複雑ですね(^^;)
詳細ページ
⇒申込ページ


松井証券の場合
 まず20歳未満であることが条件です。
そして申込の際に@親権者の同意書(親権者のご署名・ご捺印付き)とA親権者と本人の関係がわかる書類(住民票等)が必要になります。
さらに松井証券の場合、親権者の一方が松井証券に口座開設していることが条件になります。
詳細ページ
⇒申込ページ


見ての通り、一番おススメなのはマネックス証券です!


【注:未成年の方へ】
以上のように株式投資が出来るかどうかは親権者の判断にかかっています。
ですから、親の言うことを第一に聞くようにしましょうね。


Copyright (C) 2009 株式投資のイ・ロ・ハ All rights reserved